知っておきたいインプラント

インプラントとは抜けてしまった歯の代わりに人工歯を埋め込む手術のことです。
顎の骨は使わないと衰えてくると聞いたことがある人もいるでしょう。
そのため抜けてしまってから年月が経過しているから、インプラントとは無理かもしれないと勝手に判断するのはやめてください。
実際にはレントゲンを見てみないとわかりませんし、骨成術をおこなえば骨を治療することだって可能なのです。
世田谷のクリニックでにはさまざまな事例を経験した医師がいます。
ケースバイケースで治療してくれるでしょう。
それでも相談前の予備知識として理解しておいて損はないので簡単に説明します。
まず埋め込む場所に必要なのは2つ、高さと横幅です。
インプランと天然歯と同じほどの長さと大きさをしているとイメージしてください。
高さが不足している場合は穴を開けたときに上顎洞底粘膜を下から鎚で持ち上げそこに人工骨を入れ、横幅が不足している場合は専用器具を入れて拡大していきます。