奥歯が二本抜けてしまいインプラントを受けました

私は高校一年生の時に奥歯が一本抜けてしまった事があるのですが、
それからはずっと差し歯で抜けた部分を隠す生活を続けていました。
それだけでも毎日差し歯を洗うのが面倒だったのですが、本当に困った事になったのが、
大人になってから遭った事故が原因で、逆側の奥歯が抜けてしまった事でした。
歯が抜けてしまうというのは本当にショックなもので、
最初は差し歯をまた増やせば良いだけだと自分を励ましていたのですが、
また差し歯を洗う手間が増えてしまうのかと思うと悲しくなってきたのです。
しかも悲しい事に新しく作った方の差し歯がどうも自分に合わず、
噛み合わせが良くなくてアゴまで悪くなってきてしまったのです。
もう差し歯を洗う作業も嫌になってきた私はインプラントを受ける決意をしました。
最初はインプラントに不安を感じていましたが、
インプラントの治療院の中で受けた先生の丁寧な説明が安心感を与えてくれましたし、
私の母親が既に前歯のインプラントを受けて立派な歯になっていたのも安心出来るポイントでした。
母親が手術は別に辛くないと言って私を励ましてくれた御陰で、
特に恐怖もせずに手術を受けることが出来ましたし、
手術後は差し歯とインプラントでここまで噛み合わせが違うものかと感動出来たものです。
まだまだ日本ではインプラントに関する知名度が低いかもしれませんが、
差し歯を洗う苦労から解放されるというだけでも、
インプラントについて興味を持ってみる事をおすすめします。